日々の生活・・・発見、感じたことあれこれ


by hohoemi_99
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:平城遷都1300年祭( 2 )

興福寺 薬師寺

平城遷都1300年祭にかこつけて奈良を観光♪
平城宮跡、興福寺も、薬師寺も世界遺産に登録された「古都奈良の文化財」にふくまれています。
2回目の報告です(2週間あまり放ったらかしでしたが)。

c0118235_23392051.jpg

若草山の麓まで行ったのですが、この暑さに誰一人山に登る方はいません。
もし登ってたら、みんなから注目の的になってたことでしょう。
でもね・・・この若草山、新日本三大夜景に選ばれているらしい。
頂上は、視界をさえぎる物がほとんど無く、正面に生駒山、眼下に奈良市街を一望でき、遠くは京都府南部まで180度のパノラマで夜景を見渡すことができるそうです。
もしかすると、夜はデートスポットとして賑わってるのかも。
ここらで、にゅう麺と葛餅を頂いて休憩。

興福寺
藤原氏の祖・藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりの寺院で、藤原氏の氏寺。

c0118235_23395043.jpg

五重塔と東金堂(共に国宝)

c0118235_23405069.jpg

南円堂(重文)

国宝館 は必見ですね。
写真撮影は禁止でした。
なにか、他の博物館と違うと思ったら、ガラスケースがなくてほとんどの仏像たちが至近距離に直に見られる!文化財に与える悪影響が少ないLED照明が採用されたことにより、多くの仏像がガラスケースなしで見られるようになったんだそうです。
千手観音の巨像(高さ5.2メートル)が中央に安置され、仏像をはじめとする多くの寺宝が展示されています。2010年3月にリニューアルオープンしたばかり。

どこに行っても、鹿がでかい顔と態度で居座ってる。
立派な角の鹿がたくさんいるけど、人を襲ったりしないのかなぁ・・・

c0118235_23411440.jpg



薬師寺
天武天皇により発願(680)、持統天皇によって本尊開眼(697)、更に文武天皇の御代に至り、飛鳥の地において堂宇の完成を見ました。その後、平城遷都(710)に伴い現在地に移されたものです。(718)

c0118235_23475893.jpg

金堂
ちょうど法話が始まったので、椅子に座ってしばらく聴きました。
これがまぁ、面白いのよ。
若い僧侶だったのだけど、薬師寺の由来を分かりやすく解説してくださった。
ときどき面白いことを言ったりして皆さん大笑い。最後まで飽きさせない。
きっとあの僧侶、大学で落研だったに違いない♪


c0118235_23481824.jpg

東塔

c0118235_23483584.jpg

西塔


まあ、しかし大きなお寺ばかりだこと。


以上、足早なご報告まで。。。
[PR]
by hohoemi_99 | 2010-09-07 23:58 | 平城遷都1300年祭

平城遷都1300年祭

平城遷都1300年祭 で、熱い奈良県を訪ねました。
暑さもものともせず、若草山、興福寺、薬師寺…
頑張って歩いてきました。

気の利いたコメントを載せる暇がなく、日が過ぎていきます。
とりあえず、写真をUPしておきます♪
今回は「平城宮跡会場」ね。

c0118235_21135934.jpg

第一次大極殿
古代の朝廷の正殿。殿内には高御座(たかみくら)が据えられ、即位の大礼や国家的儀式が行われた。

c0118235_23162667.jpg

高御座(たかみくら)
即位・朝賀・蕃客引見(外国使節に謁見)など大礼の際に天皇が着座するところ。
三層の黒塗断壇の上に御輿型の八角形の黒塗屋形が載せられていて、鳳凰・鏡・椅子などで飾られている。


c0118235_23172973.jpg

朱雀門(すざくもん)
平城宮の正門。
1997年、考古学的研究と奈良県下の寺社に残る門を参考にして、五間三戸の二重門がかつての位置に等寸復元されている。
フジテレビのドラマ「鹿男あをによし」の撮影にも使われたんだそうです。

c0118235_2326776.jpg


交流広場入り口にある郵便局で、せんとくんが休憩?
ポストの上には、鹿せんべいをくわえた鹿が!
せんとくんのオフィシャルサイトまであります♪ こちら

平城宮跡資料館で、ボランティアの方が会場の模型の前で説明をしていたのですが、時間と予算が足りず、まだ会場は建設途中とのこと。そういわれると、空き地に雑草が生えているようにしか見えない箇所があちこちにある。前庭を囲む回廊のはずが板塀だったり・・・
正直言って、1300年だからって急いで訪れることないです。
あと10年くらいして、すべて復元されて完成してから行く方がいいです。
きっと、そのときは一大観光地になってることでしょう♪
とにかく、広いのなんの・・・!
会場内に、近鉄奈良線が横切ってて、ばんばん列車が通過していくーーー!
ちと、あぶなっかしい☆
[PR]
by hohoemi_99 | 2010-08-22 14:30 | 平城遷都1300年祭