日々の生活・・・発見、感じたことあれこれ


by hohoemi_99
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン

12月11日(日)、神戸・三宮の映画館「OSシネマズミント神戸」にて。
よいこを誘って観てきました。

以前にご紹介した一夜限りの「レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート」の録画の件、
私には非常にインパクトのある出来事でした。こちら。
同じく25周年コンサートですが、今回は「オペラ座の怪人」。
それだけなら、わざわざ神戸まで映画を観に来ません。
お目当てはRamin Karimloo。

「レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート」でのアンジョラスの好演に、
グッと来るものがありました。主役のAlfie Boeより出番が多かったのでは・・・
そう思うくらい舞台センターでの熱唱につぐ熱唱。
ストレートな発声、どこまでも突き進むような押しの強い歌い方でした。

「レ・ミゼラブル」では、舞台に用意されたマイクの前で
観客席方向を向いたままの歌の披露だったので、
今回の「オペラ座の怪人」もそれを倣うものと思っていましたが、
まるっきり本公演並みだったのがうれしかったような、
いやいや、コンサートなんだからそこまで完璧でなくとも・・・などと思ったり。
しかし、確かにお得な気分でしたね。

ここでご紹介するのがいいのかどうかわかりませんが、
私のような素人があれこれ言うのより、よっぽど巧みな表現で紹介して下さっているブログを見つけてしまいました。
私の感じたことを、そのまま書いてくださっています。
是非読んでくださいね。
ただ、私と違う点は、ロンドンへ何度も行って、本場のミュージカルも観てらっしゃることです。
ホント、うらやましいですね。私など、きっと一生ないことでしょう。。。
こちらからどうぞ。


そう言いつつ・・・
ものごとを、ちょっと違った角度から眺めて感想を言うのがクセの私、
今回の映画でも、いろいろ突っ込みをやってしまいました♪

ファントムの恋敵・ラウル・シャニュイ子爵 ・・・演じるはHadley Fraser。
この方、「レ・ミゼラブル」では、酒好きのグランテール役だった人。
現在はジャベール役を演じて絶賛を受けているそうな・・・う~ん、観てみたいもの。
映画や舞台で見るラウル子爵は、育ちのいいまっすぐな性格の青年。
そして、ファントムに比べればいまいち目立たない存在。
しかし、彼のラウル子爵は違いました。
感情を顔に思う存分表現して闊達に動き回り、ファントムとの対決にも大活躍・・・
なかなか頼もしい恋敵。骨太な感じがいい。
でもでも、もう気になってしょうがなかったのは、彼の下まぶたのアイラインなんですよ☆
しっかり塗ってあるので、ちょっと間抜けヅラにも見えてしまう。すみません・・・上映中ず~っと気になってました。


「落札、お客様の番号をどうぞ。」
競売人を演じるのは Earl Carpenter。「レ・ミゼラブル」では、神父役の方。
どういうミュージカル俳優なのかも知りませんが、
いずれもわずかな登場時間にも関わらず、しっかりお顔を覚えてもらえる得な役柄。
よく知らない(私だけか?)役者さんにも関わらずこの方、
「レ・ミゼラブル」ではジャベール、「オペラ座の怪人」ではファントムという主要な役をつとめているそうな。

よいこと意見が一致したこと。メグ役の女優がひどく年取ってること。
メグは幼いかわいらしい女の子というイメージなのに・・・

ラミン・カリムルーの演技に、映画だというのに泣かされてしまった私。
こんなにも表現の豊かな俳優さんだったとは、
「レ・ミゼラブル」のコンサートではわかりませんでした。
まずは第一幕最終のオペラ座屋上のシーン。
クリスティーヌとラウルが手に手を取って階下へ降りていくのを物陰から見送るファントム。
顔の半分が仮面で覆われているにもかかわらず、あとの半分で悲恋に苦しむファントムを好演。「No! No!」と声を振り絞り・・・二人の愛の歌に両手で耳を塞いで苦しむ・・・。
いつもこのシーンで私が発する言葉・・・「あの、ばかップルめがぁ~~!!」
ファントムが可哀そうで可哀そうで、ひどく感情移入して怒りがピークになります。あはは。

エンディング近く・・・オペラ座の地下にて・・・
どんな手段を使っても、もはやクリスティーヌの心を奪えないと知るファントム。
とらえたラウルを解き放ち、二人を追い出してしまうシーン。
わざわざ指輪を戻しに来ることないでしょうがクリスティーヌ!(とどめのつもりかよっ)
ついでにファントムの手に鼻水まで落としてからに・・・(笑)。
猿のオルゴールをなでながらつぶやくように歌うラミンのファントム。
またまた可哀そうで泣けてきました。

いずれもyoutubeには見当たらないのですが、↓なかなかいいのを見つけました。




コンサートのフイナーレです。
歴代のファントムによるThe music of the night、サラ・ブライトマンも加わり幕を閉じました。
なんて豪華な、贅沢な・・・・☆


はぁ・・・疲れちゃった。。。
今夜はこのくらいに・・・
[PR]
by hohoemi_99 | 2011-12-16 02:18 | 演劇・ミュージカル