日々の生活・・・発見、感じたことあれこれ


by hohoemi_99
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

鳴門西PA・バスストップ

ミュージカル「エリザベート」
香川県に住むよいこと徳島県鳴門市に住む私。
一緒に高速バスで出発するには????

日曜祝日に「とくとくターミナル」にしても「高速鳴門バスストップ」にしても駐車場は満車状態。
そもそも、家族に送迎を頼みたいところだが、留守家族からは嫌味のひと言二言、三言、四言・・・
「絶対に頼みたくない!」とよいこ。
それは私も同じこと。
帰りは深夜の予定だから、余計にその思いは大きい。

「意地でも自力で大阪へ行くぞ!」
そこで、高速バスチケットの手配を引き受けたよいこのアイデアは・・・これには驚愕。

鳴門西PA・バスストップから高速バスに乗車すること。
鳴門ICから高松自動車道を高松方面へ。
約7㎞で当PAに到着し駐車する。
高速道路下のトンネルを通り、神戸・大阪方面BSから高速バスに乗る。

帰りは、高松方面のBSで下車するから、当然自分の車はすぐそこにあるわけ。
深夜に長い距離を歩く必要なし♪
そこから、ほんの1㎞で板野ICなので、県道に下りて一路帰宅・・・(もいちど自動車道から鳴門ICに下りてもいいけど)

よいこは・・・なんと、高松方面から鳴門ICに下りて、再び同じ自動車道を高松方面へ引き返して当PAへやって来るつもりだという。

なんとまぁ・・・

私    「7㎞も自動車道を走れって?! 私、私、高速だいっ嫌いだよぅ。。。」
よいこ 「まっすぐ前向いて走ってればいいの!」
私  「○☆▲※■×~ω●θγ*Ω~!!」

当日が近づくにつれて、山口祐一郎に逢える喜びや期待よりも、「無事、徳島を出発できるのか?」という不安でアタマの中はいっぱいに。。。
大げさに言っているのではありません!本気で悩んでました。
前日は心配で眠れなかった。。。(本当に大嫌い!怖い!)

当日の朝、10時5分発に乗るために、私は8時15分ごろ自宅を出ました。
笑わないで下さい・・・何かあったときのために・・・そんな私の心理状態がそうさせたわけで・・・
自動車道を走ります・・・制限速度70㎞/hの標識は、なんのためじゃい。(みんな、守れょっ、守ってちょうだいよ・・・)
みるみる私の車の後ろは数珠繋ぎの列。
真後ろの車なんか、ピタリと車体をくっつけて走る。(いじわる。。)
よいこ曰く「急ブレーキ踏んでやればよかったのに。」
せめて、2車線あればいいのですけどね。

3キロ手前から鳴門西PAの案内板が。(あともう少し・・・)
どうにか無事到着できました・・・ほっ。(後続の車も、「やれやれ。」でしたでしょう。)
8時35分到着。
よいこにメール。。。
しばらくして爆笑の電話がかかってきました。
「まだ出発してないよ私~☆」

ここで「鳴門西BS」について。
PAはトイレと自動販売機とBSしかないのですが、結構駐車する人も多く賑わっていました。
徳島の有名な仕出し屋さんが一般道からお弁当をたくさん持ち込み、観光バスが到着するのを待っていたり、出張らしい男性が、私達と同じ手段で高速バスを待っていたり・・・

そうそう、高松方面行きのPAには土手を少し下りたところに無料駐車場があります。町道から利用できますが、8台しか駐車できないです。(この日は空いていました。)

なにしろ、いろんな方面から高速バスがやって来るので、5分きざみくらいにバスがやって来ます。これなら、予約なくても必ず乗れそう♪
ちなみに調べてみたら以下のとおり。

丸亀・高松 – 名古屋線(さぬきエクスプレス名古屋)
丸亀・高松 – 大阪線(高松エクスプレス大阪号、さぬきエクスプレス大阪)
丸亀・高松 – 神戸線(高松エクスプレス神戸号、さぬきエクスプレス神戸)
高松 – 京都線(高松エクスプレス京都号)
高松 – 徳島線(高徳エクスプレス)
井川・阿波池田 – 大阪線(しこくさぶろうエディ号)
井川・阿波池田 – 神戸線(しこくさぶろうエディ号)
徳島 – 岡山線(徳島岡山エクスプレス)
徳島 – 広島線(あわひろしま号)

寒波到来のこの日、深夜に私の車は、フロントガラスが凍りつき、こそげ落とすのに苦労しました。
自動車道の料金は450円。駐車料金だと思えば、まぁ安いほうでしょう。
終わりよければ全てよしってことで。

鳴門の人は、とりわけ優しいご家族のいる方は、こんなことしなくても出発できますね。
香川の方とご一緒する場合の参考にでもなれば・・・

おしまい。
[PR]
by hohoemi_99 | 2009-01-14 21:29 | 見て見て!